ジャック引越センター

創業24年
10万件の引越し
満足度95%

カード・Pay払いご対応!

0120-787-525 受付時間 9:30〜18:30

創業24年
10万件の引越し
満足度95%

0120-787-525

創業24年
10万件の引越し
満足度95%

0120-787-525

福岡で利用できる引越しセンターは?特徴や選び方のポイントを解説

引越し準備

福岡で利用できる引越しセンターとは?

引越しセンターには、2つの種類があります。

  • 全国規模の引越しセンター
  • 地域密着型の引越しセンター

 

全国規模の引越しセンターとは、支社が複数あって全国への引越しに対応している規模の大きな業者です。
業者によっては、海外への引越しも請け負っているところもあります。
地域密着型の引越しセンターとは、本社がある地域を中心とした引越しに対応している小規模な業者です。
引越しが依頼できる範囲は業者によって異なり、九州地域以外の引越しには対応できない業者もあります。
どちらの引越しセンターにもメリット・デメリットがあるため、両方を把握したうえで業者を選びましょう。

全国規模の引越しセンターを利用するメリット・デメリット

全国規模の引越しセンターには、以下のようなメリットがあります。

  • 日本全国はもちろんのこと、海外への引越しにも対応している
  • 引越しプランが豊富
  • 引越し荷物の一時預かりなどのサービスが充実している
  • 保険や補償が充実している

 

全国規模の引越しセンターは、日本全国だけでなく海外への引越しにも対応してくれるところが大半です。
福岡から大阪や東京など100km以上離れたところへ引越しする際は、全国規模の引越しセンターを利用したほうが引越し作業をスムーズに進めやすいでしょう。
また、規模が大きな引越しセンターは引越しプランが豊富です。
荷造りや荷解を引越しセンターのスタッフに任せられるプラン、単身者向けのプランなど、引越しする人数や希望に応じて選べます。
「育児や仕事等で荷造りや荷解作業をする時間が取れない」「単身で引越すので費用を抑えられるプランを探している」といった希望がある方は、プランが豊富な引越し業者のほうが適しています。
このほか、荷物の一時預かりや不要になった家電の引き取りなどのサービスが充実しているのも大規模な引越しセンターのメリットです。
引越し作業日と新居に入居できる日がずれている場合や、時間がなくて不用品が処分できなかった場合はこのようなサービスが利用できれば便利です。

一方、全国規模の引越しセンターを利用するデメリットには、以下のような点が挙げられます。

  • 繁忙期に予約が取りにくい
  • 柔軟な対応が難しい
  • 繁忙期の料金が高めになる傾向

 

全国規模の引越しセンターは知名度が高い分、2月後半から4月、9月の繁忙期には予約が集中する傾向にあります。
福岡は九州の中でも人口が多く、人の出入りも盛んです。
早めに依頼しないと希望する日に予約が取れない可能性があります。
また、全国規模の引越しセンターはプランの詳細がしっかりと決まっており、柔軟な対応が難しいのもデメリットです。
個々の事情に合わせて柔軟な対応を希望する場合は、地域密着型の引越しセンターのほうが適しているケースもあります。
このほか依頼が多い分、繁忙期の料金が地域密着型の引越しセンターに比べて高くなる傾向もあります。

地域密着型の引越しセンターを利用するメリット・デメリット

地域密着型の引越しセンターのメリットには、以下のような点が挙げられます。

  • 細かい希望に柔軟に対応してくれる傾向
  • 繁忙期でも予約が取りやすく費用が安価
  • 地域の事情に精通している

 

地域密着型の引越しセンターは、全国規模の引越しセンターよりも細かい融通がききやすく予約が比較的取りやすいのが最大のメリットです。
例えば事情があって午前中の早い時間に引越したい場合や、引越し日直前にならないと作業開始時間がわからない場合などにも対応してくれる業者もあります。
また、全国規模の引越しセンターに比べると広告費をかけない業者が多い分、料金が安価なところも多いです。
このほか、地域の引越しを多く手がけているため、ローカルルールに精通していて細かい気配りをしてくれる業者もあります。

一方、地域密着型の引越しセンターを利用するデメリットには、以下のような点が挙げられます。

  • 補償や保険が全国規模の引越しセンターに比べて不十分な傾向
  • 遠方の引越しに対応できない業者もある
  • 作業を行うスタッフの質にばらつきがある

 

地域密着型の引越しセンターの中には、荷物を運んでもらえる地域が福岡県内や九州地域など限定されているところもあります。
遠方の引越しに対応している業者でも「東京、もしくは大阪のみの対応」といったケースもあるので、注意が必要です。
また、荷物に対する保険や補償の範囲や額が全国規模の引越しセンターに比べると低いところもあります。
精密機械や楽器など運搬に特別な配慮が必要な荷物に対応していない業者もあるため、専門の業者の手配が必要な場合もあるでしょう。
このほか、引越し作業を行うスタッフの質にばらつきがあり、信頼できる業者を選ぶために時間をかける必要があるのもデメリットです。

福岡で引越しセンター選びに迷ったら?

福岡で引越しセンター選びに迷ったら、以下のようなポイントをチェックしましょう。

  • 引越す時期や引越し先
  • 引越し荷物の内容
  • 引越しセンターに求めるサービス

 

福岡から東京や大阪など遠方に引越す場合は、全国規模の引越しセンターのほうが安心して依頼できるケースが多いでしょう。
同じ福岡市内、もしくは福岡県内に引越す場合は地域密着型の引越しセンターのほうが安価で依頼できる場合があります。
ただし、地域密着型の小規模な引越しセンターでも地域限定で遠方の引越しが依頼できる場合があります。
依頼したい引越しセンターがある場合は、問い合わせてみてもいいでしょう。
また、取り扱いに注意が必要な引越し荷物がある場合は、全国規模の引越しセンターに任せたほうが安心です。
精密機械や楽器などを運搬する専用のプランや特別な教育を受けたスタッフが対応してくれます。
このほか、引越しセンターに求めるサービスも重要です。
引越しセンターによって提供できるサービスは異なります。
地元密着型と全国規模、どちらの引越しセンターにも依頼できる場合は提供しているサービスで選んでもいいでしょう。
利用できるサービスによっては、引越し作業がよりスムーズに進められる可能性があります。

引越しセンター以外で引越しに利用できる業者は?

引越しセンター以外で引越し作業に利用できる業者は、運送会社と便利屋業者があります。
運送会社は、文字どおり荷物を集荷・運送してくれる業者です。
近年は、単身者向けの引越し作業を行う運送会社もあります。
例えば、軽貨物運送業を営む個人事業主で組織される協同組合「赤帽」は、単身者向けの引越しプランを提供しています。
急な依頼にも対応してくれるので、「事情があってすぐに引越したい」といった場合も便利です。
ただし、引越しセンターに比べると依頼できるサービスに限りがあります。
便利屋業者は、荷造り・荷解といった作業を依頼できます。
例えば、「引越す日までに荷造りが終わりそうにない」「荷解だけサポートを利用したい」といった場合に便利です。
便利屋業者によっては、家電の取り付けや取り外しも依頼できます。
人手が足りないときに便利なサービスですが、人件費・出張費が発生するのでやや割高なのがデメリットです。

まとめ:依頼したいサービスや引越し先等で依頼する引越しセンターを選ぼう

福岡では、全国規模の引越しセンターと地域密着型の引越しセンターの両方が利用できます。
費用だけでなく、引越し先や引越し時期、利用したいサービスの内容でセンターを選ぶとスムーズに引越しができるでしょう。
可能ならば、複数の業者に見積もりを依頼して比較してみると業者の強みや特徴がわかります。
引越し時期が早めに分かった場合、業者選びにもある程度時間をかけるのがおすすめです。

ブログ一覧へ戻る>

ランキング2024.06.29更新

キャンペーン情報 お客様の声